依存とサービス

僕は今、毎月5万円の小遣いをもらっているが、ほとんど5万円の貯金をしている。スーパーカブというバイクに乗っていて、これがリッターあたり60キロぐらい走るので、自宅から笑恵館までの往復が電車だと900円位かかるところ、カブだと100円程度で済む。笑恵館には週3日通っているので、電車に乗ったと思えば毎週2400円、月に1万円位が浮いてくる。今の僕は、このお金で暮らしているので、さっきの貯金ができてしまう。いきなりお金の話をしたが、僕は暮らしが充実すればするほどお金がかからなくなってくる。なぜだろうと思い、今日はちょっと考えてみることにした。

 

お金がかからない原因は、たぶん欲しいものがお金を払わずに手に入るから。それと、忙しいのでお金を使う暇が無いからだ。そもそもお金を払って手に入るのは、モノやサービスなど自分で出来ないこと。モノは自分で持っていないから買うんだし、サービスは自分で出来ないことをやってもらうこと。だから、全部を自分で持っていて、全部が自分で出来ることなら、お金は1円もいらないことになる。考えてみれば、昔はお金がなかったけれど、みんなそれでも生きていた。アフリカのアンゴラという国は、いま世界で一番物価が高い国と言われているが、それは都会で暮らす金持ちの話であって、田舎で暮らす貧しい人たちは、そもそもお金を持っていないので関係ないらしい。

 

ところで、お金が無くてもできることは、自分で出来ることだけでなく、他人にやってもらう方法がある。そこでちょっと乱暴だが、人に無料でやってもらうことを「依存」と呼び、有償でやってもらうことを「サービス」と呼ぶことにする。「自立とは依存する必要が無いことでなく、依存先にこと欠かないことだ」とは、東京大学先端科学技術研究センター准教授の熊谷氏の名言だが、人間同士の交流が、ある意味で相互依存だとすれば、そこでいちいち代金を支払う人などいるはずもなく、僕たちはすでに依存しあう人間関係の中にいる。だとすると、依存とサービスの違いは何なのか。確かにプロの技や高度な資格が必要なサービスもあるだろうが、誰でもできる掃除や子守などをサービスに依存する場合も多いと思う。こうした誰にでもできるようなサービスを買う人は、依存先のない人とも言えるだろう。依存先のない人が孤立しているとすれば、孤立はお金の力で維持していることになる。

 

きりが無いので今日の話はこれくらいにしておく。要するに、何を言いたいのかというと、お金があってもなかなか幸せになれないなと感じている。お金で手に入るのは、「誰かにやらせて自分はやらなくて済む」ということだ。つまりこれは「楽ちん」ということで、お金で買える数少ない幸せだ。だけど僕は、この「楽ちん」には興味がない。むしろちょっと大変で難しい方が、たくさんの幸せが待っている。そして、他の人でも買えることにはさらに興味がない。自分にしかできないことは、なかなか売ってないけど幾らでもある。最近家に閉じこもって執筆しているので、ついこんなことを書いちゃった。