C.地主学とは

土地オーナーとは、土地や建物の所有権者のこと。
土地オーナーであり続けるということは、「所有権を手放さない=土地を売らない」ことを意味します。
実は、このことをサポートする人が滅多にいないことに気付いたので、私は「地主の学校」を開設しましたが、現在、教科書の書籍化を準備していますので、もう少々お待ちください。
以下、まえがきと目次 をご紹介いたします。

目次 

はじめに

  • 社会に終わりは必要ない
  • 地域衰退の放置
  • 存続と滅亡
  • 地域自治の担い手
  • 失われた地主
  • 永続的な土地利用=国づくり

一. 地主の廃止(国づくりの行き詰まり)
① 脱地主・もたらされた失敗と成功
② 脱承継・地主とともに消えたもの
③ 空き家・地域消滅のメカニズム

二. 地主の復活(国づくりの手順)
① 土地資産を資源にする手順
② 所有者を地主に変える手順
③ 新たな地主を承継する手順

三. 地主の地(国づくりと土地)
① 土地は地球で出来ている
② 土地が世界をかたち作る
③ 土地を空間として利用する

四. 地主の主(国づくりと所有権)
① 所有とは何か(所有権の持ち方について)
② 自由とは何か(所有権の中身について)
③ 権利とは何か(所有権の義務について)

五. 地主の起業(国づくりの事業化)
① 失敗しない仕事(家業)の仕組み
② 消滅しない組織(家族)の仕組み
③ 争わない地域(故郷)の仕組み

六. あとがき

  • 私たちは本当に無力なのだろうか
  • みんなが王になる社会
  • 会社づくりと国づくり
  • 日本が一つの国であることの限界
  • 戦争放棄したミニ世界の範となる
  • 地主の学校が目指すのは、王の学校

コメントを残す