D32.大人へのプロセス

12歳

  • 公共交通機関の運賃・料金は大人運賃・料金となる。
  • 少年法における少年院送致下限年齢(正式にはおおむね12歳)。

13歳

  • 性交同意年齢。

14歳

  • 刑事責任を問うことができようになる(刑法41条)。
  • 小児科受診の基本的上限(受診を制限するものではない)。

15歳

  • 義務教育期間が終了。
  • 遺言ができるようになる(民法961条)。
  • また、日本で臓器移植のドナーとなることができる。
  • 映画のレイティングシステムによってR-15指定(15歳未満の鑑賞禁止)された映画が視聴できる。
  • 古代から中世における元服の年齢。
  • 労働基準法における労働をすることが出来るようになる(例外あり。22:00-5:00の深夜業は18歳まで不可)。
  • 印鑑登録が可能になる。
  • また、印鑑登録が可能になることにより、会社の取締役等に就任する事が可能になる(例外的に15歳未満でも印鑑登録証明書の提出が必要なく、取締役に就任が可能な場合もある)。

16歳

  • 女性の結婚が可能になる(民法731条。ただし父母一方の同意が必要 民法第737条)。
  • 以下の免許・資格の取得が可能になる。
  • 原動機付自転車や普通自動二輪車、小型自動二輪車、小型特殊自動車の運転免許、特殊小型船舶、2級小型船舶(総トン数5トン未満の限定。
  • 18歳に達すると自動的に限定解除となる)、2級小型船舶(湖川小出力限定)の操縦免許、自家用の滑空機の操縦免許 200ccの献血が可能になる。

17歳

  • 児童福祉法の適用上限年齢。
  • 以下の免許・資格の所得が可能になる。
  • 自家用の飛行機、ヘリコプター、飛行船の操縦免許、航空通信士、二等航空士の資格 日本で警察官および消防士に採用されることが可能になる。
  • 日本で飛び入学による大学への入学が可能な最低年齢。
  • 400ccの献血が可能になる。(2011年4月より・男性のみ)

18歳

  • 大学への入学が可能な最低年齢(飛び入学は除く)。
  • 男性の結婚が可能になる(民法731条。ただし父母一方の同意が必要 民法第737条)。
  • 以下の免許・資格の取得が可能になる。
  • 普通自動車・大型特殊自動車・けん引・大型自動二輪車の運転免許、大型船舶・1級小型船舶の免許、事業用の飛行機・ヘリコプター・飛行船・滑空機の操縦免許、建設機械の操作免許・資格、潜水士の免許、火薬類保安責任者の資格、ガンマ線透過写真撮影作業主任者・エックス線作業主任者の免許、ガス溶接作業主任者の免許、ボイラー技士・ボイラー溶接士・ボイラー整備士の免許、発破技士の免許、臭気判定士の資格、毒物劇物取扱責任者の資格、航空運航整備士・航空機関士・一等航空士の資格、救命艇手の資格 クレジットカードの保有が可能になる。
  • 危険有害業務等の作業が行える。
  • 2級小型船舶操縦免許の総トン数5トン未満限定が自動的に解除される。
  • 操縦免許が取得できるのは16歳。
  • R-18指定(18歳未満の鑑賞禁止)された映画を視聴できる。
  • 有害図書(いわゆるエロ本、アダルトゲーム、アダルトビデオなど、性的もしくは暴力描写のある本、メディア)の購入等が可能になる。
  • 風俗店(パチンコ店含む)への入店、また労働に従事する事が可能になる。
  • 技能講習や特別教育の修了証を取得できる。
  • 献血における、血漿、血小板の下限年齢。

19歳

  • 少年法の適用上限年齢。
  • totoの購入が可能になる。
  • 二等航空整備士の資格を取得できる。

20歳

  • 成人(成年・民法4条)を迎える。
  • 選挙権が与えられる(公職選挙法)。
  • 本人の意思だけで契約などの法律行為が有効に行える(民法5条)。
  • 父母の同意なく本人の意思だけで結婚(婚姻)が可能になる(民法737条)。
  • 飲酒・喫煙が可能になる。
  • 公営競技(競馬・競輪・競艇・オートレース)の投票券が購入できる。
  • 消費者金融から金銭の借り入れをすることができる。
  • 少年法の対象から外れる。
  • 以下の免許・資格の取得が可能になる。
  • 中型自動車の運転免許、一等航空整備士の資格、商業施設士の資格、鉄道車両の操縦免許(動力車操縦者)、船舶に乗り組む衛生管理者の資格 短期大学・高等専門学校卒業の最低年齢。
  • 国民年金への加入義務が生ずる。

コメントを残す