ほぼ週刊【松村拓也のメールマガジン】
ブラウザでメールを読む

こんにちは、松村拓也です。
休日にたびたびお騒がせしてすみません。
このメールは今朝お届けしたものの修正版です。
「【まつむら塾】のリンクが無い」と複数のご指摘をいただき、
加筆して再送させていただきました。
ご意見、ご質問など、何でも大歓迎です。
楽しい連休を!!


072 目次

1. トピックス:Liberty of Business
2. まつむら塾だより
3. リリース:発信情報から
4. スケジュール:今週のご案内
5. アクセスポイント:問い合わせ先
6. このメルマガについて


1. トピックス:Liberty of Business

まつむら塾では、「あなたのやりたいことを実現する」ために一番大切なことは、「それが実現した時の様子を具体的にイメージする」ことだと確信しています。そのイメージこそがあなたの目的であり、そうなることがあなたの成功であり、そうなるためにすべきことがあなたのビジネスです。きっとあなたは、「それが解れば苦労はしない」と思うことでしょう。しかし世界中を探しても、あなたのやりたいことをイメージできるのは、あなたの他に誰もいません。だから僕は、何としてもあなたにそのやり方をお伝えしたいと思い、まつむら塾を始めました。その方法は、これまでの僕自身のチャレンジと、多くの起業支援活動の中で確立したものです。今日はその経緯を少しお話ししたいと思います。

具体イメージを描くには、現実世界を説明するのに必要なことを網羅する必要があります。そこで役立つのが5W1Hと言われる6つの疑問詞です。5W1Hとは、why、what、how、who、where、whenの6つの疑問詞のことですが、僕はこれらを次の2つのグループに分けて使います。
1.whoだれ、whereどこ、whenいつ
2.whyなぜ、whatなに、howどうやって

まず1番目のグループの疑問に対する答えは、人間、空間、時間となり、これらは「世界のこと」を表す言葉だとわかります。実際に、「いつ・どこで・だれが」の3つがそろえば、現実世界のことはすべて客観的に説明できます。これに対し、2番目のグループは、「なぜ」の答えは「理由」、「なに?」の答えは「名称」、「どうやって?」の答えは「方法」で、これらは一つの答えではなく人によって様々に異なる「自分のこと」を主観的に表す言葉です。

このように、現実世界を説明するには、世界そのものを示す「人間、空間、時間」だけでなく、その「理由、名称、方法」が必要ですが、実際に実現した後であれば、これらを説明するのは簡単なことです。しかし、まだ実現どころか、あやふやで不足だらけの段階では、これら全部を説明するのは困難です。そこで、すべてを一度に答えるのでなく、できるところから答えを埋めていきます。埋める答えは適当な、あてずっぽうで構いません。答えを埋めたらそれをじっくり読んで、イメージを膨らませ、それでいいかどうかを自分の心に尋ねます。その判定ができるのは、世界にただ一人あなた自身しか存在しません。

このやり方の良い点は、一人で閉じこもらなくても、仲間とワイワイやることも、僕とメールでやり取りしながらでもできることです。誰が見つけた答えだろうと、その適否を判断するのはあなたです。あなたがよいと言えばよし、ダメと言えばダメです。こうすれば、答えが出来上がるのは時間の問題です。その答えで良いかどうかはあなたにしかわかりません。その答えが実現するかどうかは、やってみなければわかりません。そして、それが成功かどうかも、本当はあなたにしかわかりません。

あなたがもし、本当に自分の願いを叶えたいと望むなら、その願いがかなった姿を5W1Hでわかりやすく説明することから始めましょう。もしも途方もない大きな願いや、長い時間のかかりそうな願いであれば、その実現のために必ず通らなければならない通過点をイメージし、その実現を目指します。もしもなかなか答えが見いだせず、5W1Hが揃わないときは、とりあえずの答えを作り実行しないと、時間だけが過ぎていきます。答えが正しいかどうかは、あなたにしか判りませんし、判ったとしても、やり始めてから変わることもしばしばです。とにかく「やらないでいること」が、一番無意味で無駄なことです。

これまで多くの人が、このやり方で自分の目的を描いてきました。でもその結果、実は半分の人が実行せずに辞めています。目的が明確になる瞬間というのは、周囲の人にもはっきりわかりますが、半分の人がその瞬間「失望の表情」に変わりました。それはなぜかと本人に聞くと、「こんなはずじゃなかった、もっと素晴らしい夢だと思ってた・・・」と言うんです。これは大切な気づきです。実現する価値のない夢を、そうと知らずに追い求めていたことに気付くのも、自分自身にしかできないことです。そして、その失望は次の瞬間「そのことに気付くことができた喜び」に変わります。その時すでに、心は次の目的を求めて動き出していることでしょう。

今回オンラインでスタートした「事業目的の作り方」は、まさにこのエピソードが再現される場となります。自分のやりたいことに挑むのに、何の制限も制約もありません。
Liberty of Business
あなたの参加をお待ちしています。

オンラインまつむら塾はこちらから
https://synapse.am/contents/monthly/m-juku01

2. まつむら塾だより

■リアルまつむら塾
次回の開催は、9月23日(金) 18-21時 笑恵館にて
現在のところ、申し込み0


■オンラインまつむら塾
https://synapse.am/contents/monthly/m-juku01
現在:RAM会員2名、Wさん、Hさん、早々のご入会ありがとうございました!
すでに課題も提出済みなので早く始めたいけど、もう1週間待つことにします。
投稿:0.はじめに(20160912)

3. リリース:発信情報から

FBイベント
・9/20 9月の持ち寄り食事会(笑恵館)
https://www.facebook.com/events/1128303983930133/
・9/25 名栗の森オーナーシップクラブ9月例会
https://www.facebook.com/events/349061275484133/
・9/24 砧むら・マップカフェ②
https://www.facebook.com/events/533110290216493/
メディア掲載
・おおがいさんち
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO07072190Z00C16A9NZBP00?channel=DF130120166126
ブログなのに
・9/12~9/17(活動レポート)
http://nanoni.co.jp/20160917-2/

 4.今週のお誘いイベント

凡例 □面談歓迎:仕事してますが、あなたのアポを優先します。
■同行可能:よろしければ、僕の訪問先にお連れします。
★参加可能:僕の参加予定イベントで、あなたも参加可能なもの
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(月)09/19 □自宅作業日
(火)09/20 □午後から、笑恵館にいます
16-18時 ★笑恵館に学ぼう(笑恵館)
http://land-resource.org/info/shokeikansemi_info
18-20時 ★持ち寄り食事会(笑恵館)
http://shokeikan.com/info/meeting
(水)09/21 □作業日
(木)09/22 □自宅作業日
(金)09/23 □午後から、笑恵館で面談可能
19-21時 ■まつむら塾(笑恵館)
http://nanoni.co.jp/progrum/p02/
(土)09/24 □午後から、笑恵館で面談可能
砧むらマップカフェ(おおがいさんち)
(日)09/25 □作業日
名栗の森オーナーシップクラブ 9月例会
http://land-resource.org/info/n-osc

今週は、変な連休ですが、仕事モードです。
相談のある人、一杯やりたい人、歓迎です。

松村の予定はこちらで公開しています。http://nanoni.co.jp/schedule


5.アクセスポイント

松村拓也
メール takuya@nanoni.co.jp
携帯 090-9830-3669 taku8823@ezweb.ne.jp

自宅 株式会社 なのに(平社員)
〒226-0016 神奈川県横浜市緑区霧が丘3-15-1
http://nanoni.co.jp/

職場 一般社団法人 日本土地資源協会(代表理事)
http://land-resource.org/
〒157-0073
東京都世田谷区砧6-27-19 笑恵館
http://shokeikan.com/


6.このメルマガについて

松村拓也とご縁のあった方に、日々の活動やブログ記事の抜粋などの情報をほぼ毎週お届けします。参加希望、ご意見、ご質問など、何でもこのメールに返信してください。

メール配信をご希望の方はこちら
http://land-resource.us10.list-manage.com/subscribe?u=800df08672d8b31689226516d&id=df33ae0ce9
フェイスブックグループはこちら
https://www.facebook.com/groups/atamanonaka/

Copyright © *|CURRENT_YEAR|* *|LIST:COMPANY|*, All rights reserved.
*|IFNOT:ARCHIVE_PAGE|* *|LIST:DESCRIPTION|**|HTML:LIST_ADDRESS_HTML|* *|END:IF|*

メルマガの購読をやめる    購読方法を変更する

*|IF:REWARDS|* *|HTML:REWARDS|* *|END:IF|*