ほぼ週刊【松村拓也のメールマガジン】
ブラウザでメールを読む

こんにちは、松村拓也です。
松村拓也の活動についてほぼ毎週お届けしています。ご意見、ご質問など、何でもこのメールに返信してください。


069 目次

1. 今週の頭の中: 友達付きアパート
2. リリースから
ア.「なのに」という会社
イ.尾根歩き(名栗の森OSC)
3. 自分の意見の作り方(032【国の意見】20160904)
4. 来週のお誘い情報
5. アクセスポイント
6. このメルマガについて


1. 今週の頭の中:友達付きアパート

笑恵館アパートの内見にやってきたCさんは、キューバから日本のK大学に留学中の男性だ。現在居住中の宿舎を出なければならず、来年3月までの住まいを探しているのだが、外国人の短期居住など普通のアパートは受け付けない。そこで、「キューバ旅行でいつもお世話になっている」とおっしゃる砧むらOBKメンバーのKさんが、笑恵館に連れて来てくださった。個人が住まいを開放し、会員制のコミュニティを作る「みんなの家」という笑恵館のコンセプトを説明し、館内をご案内すると、Cさんは「僕は社会学を専攻していますので、とても面白いと思います」目を輝かせてくれた。「このアパートには、たくさん友達がいるんですね」という彼に言葉にむしろこちらがドキッとした。・・・続きはhttp://nanoni.co.jp/20160902-2/

■無料サロン:松村拓也の頭の中
このサロンは、松村拓也が初めに脳から湧き出した文章を書きとめる場所です。
ブログなどで公開する前に、皆さんの率直な意見を聞きたくて、グループを作りました。
どなたでも無料で参加できますので、気軽に申請してください。
初対面の方は、事前にメッセージをくださいますようお願いします。
https://www.facebook.com/groups/atamanonaka/

2. リリースから

 ア.「なのに」という会社

先週は8月第5週ということで、笑恵館をお休みし、なのにサイトをリニューアルした。http://nanoni.co.jp/をご覧いただければそれでいいのだが、興味のある方はお付き合いのほどを。僕は1999年に経営していた会社が潰れてしまい、代表取締役としての個人債務が約30億円ほど残ってしまった。当時42歳だった僕にとって、倒産を人生の終わりにする訳にはいかなかったので、すぐさま新会社を立ち上げ、休む間もなく仕事をやり続けたが、この巨額の債務は僕個人が背負うことになった。当初は自分で作った新会社の平社員となり、その給与で暮らしていたが、次第に経営が安定してくると心の中に「何か新しいことをやりたい」という気持ちが芽生えてくる。ちょうどその頃「IID世田谷ものづくり学校の運営をやってくれないか」という依頼が舞い込んだ。僕はこの誘いに飛びついて、自分の会社を辞めてその友人の会社に転籍したが、この仕事のゴールは「IIDの経営を運営会社から自立させ、法人化すること」だった。「借財を抱える僕は、その法人の経営者にはならないほうがいい」と判断し、ついに自分の会社を作る決意をした。「なのに」という会社「なのに」という会社・・・続きはhttp://nanoni.co.jp/20160903-2/

 イ.尾根歩き(名栗の森OSC)

名栗の森オーナーシップクラブは、埼玉県飯能市名栗湖に接する山林のオーナーが、所有者として山林を経営する仲間を募るプロジェクト。月に1度、地元での例会(午前)+現地での活動(午後)を行っていく。1年を通じて現地を体感することで「自分の山を知ること」が、メンバー全員・山林所有者として初めにやるべきことだと考えた。なので、このレポートは「山林所有者」の目線で書いてみたい。第1回目の例会を開催する8月28日(日)は、前日まで雨が続き、週明けには変わり種台風10号が接近するとのことで、山林の活動が天候に左右されることをハラハラしながら痛感した。しかし、当日を迎えてみれば曇り空のおかげで8月なのに涼しく爽やかで、登山客も少なく駐車スペースもゆったり確保できたので、例会は午後に回しまずは山に向かうことにした。・・・続きはhttp://land-resource.org/20160828-2


 

3. 自分の意見の作り方(松村拓也サロンのご案内)

「松村さんの話は面白い!」ってよく言われますが、それは単に「自分の意見」 だからです。
だから僕は、あなたの言葉を「あなたの意見」と感じた時、必ず「面白い」と感じます。
このサロンでは、僕の発信した意見を引用し、その背景や作り方などを解説します。
メンバーの皆さんからは、ご意見だけでなくお題の提供も大歓迎です。
僕の意見をタタキ台にして、大いに議論しましょう!
月額1,000円の会費制ですが、初月は無料ですので気軽にお試しください。
http://synapse.am/contents/monthly/matsumuratakuya

今週の投稿

032【国の意見】20160904

安倍総理がプーチン大統領と親しげに話しているのを見ると、いったい何を話しているのか気になる。「隣国なのに平和協定を結べずにいるのは良くないことだ」というが、それを言ったら韓国、北朝鮮、中国など台湾以外の隣国とはすべて喧嘩しているのはどういうことかと言いたくなる。僕にはこの3か国にそれぞれ少しずつ友人がいて、時々会うと必ずこの問題に話が及ぶ。そして、事実や現状について情報を交換・確認した上で、互いが自分の意見と自国の意見を言う。そんな時、互いの関心はそれぞれの個人の意見と国の意見の関係だ。例えば誰もが拉致被害者に同情し、北朝鮮のやり方を批判するが、それ以上の仕打ちをした日本を非難し、虐待された朝鮮人に同情する。つまり、国と個人が互いの異なる時代について意見を交わすため、善悪や賛否を論じるのは難しい。実は、国際関係とは単に互いの意見が対立しているのではなく、「客観的にも拮抗する対立要件のパッケージ」のようなもので、むしろ意図的に難しく組み立てられた問題ではないかと思える。・・・続く

 4.今週のお誘いイベント

(月)09/05 □作業日
(火)09/06 □午後から、笑恵館にいます
15-17時 ■日本土地資源協会経営会議(笑恵館)
17-18時 ■砧むらOBK打ち合わせ(笑恵館)
19-21時 ■まつむら塾(笑恵館)
http://nanoni.co.jp/info/m_juku/
(水)09/07 □作業日
19-21時 ■名栗の森 9月の会in駒沢(アフロディーテの扉)
https://www.facebook.com/events/1079528192136127/
(木)09/08 □終日笑恵館にいます
19-21時 ■まつむら塾(笑恵館)
http://nanoni.co.jp/info/m_juku/
(金)09/09 □午後から、笑恵館で面談可能
19-21時 ■カプラー起業交流会(三軒茶屋)
(土)09/10 □作業日
(日)09/11 休業日

今週から、「まつむら塾」はじめます。
相談のある人、一杯やりたい人、歓迎です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
凡例
□面談歓迎:仕事してますが、あなたのアポを優先します。
■同行可能:よろしければ、僕の訪問先にお連れします。
★参加可能:僕の参加予定イベントで、あなたも参加可能なもの
松村の予定はこちらで公開しています。http://nanoni.co.jp/schedule


5.アクセスポイント

松村拓也
メール takuya@nanoni.co.jp
携帯 090-9830-3669 taku8823@ezweb.ne.jp

自宅 株式会社 なのに(平社員)
〒226-0016 神奈川県横浜市緑区霧が丘3-15-1
http://nanoni.co.jp/

職場 一般社団法人 日本土地資源協会(代表理事)

〒157-0073
東京都世田谷区砧6-27-19 笑恵館
http://land-resource.org/
http://shokeikan.com/


6.このメルマガについて

松村拓也とご縁のあった方に、日々の活動やブログ記事の抜粋などの情報をほぼ毎週お届けします。参加希望、ご意見、ご質問など、何でもこのメールに返信してください。

Copyright © *|CURRENT_YEAR|* *|LIST:COMPANY|*, All rights reserved.
*|IFNOT:ARCHIVE_PAGE|* *|LIST:DESCRIPTION|**|HTML:LIST_ADDRESS_HTML|* *|END:IF|*

メルマガの購読をやめる    購読方法を変更する

*|IF:REWARDS|* *|HTML:REWARDS|* *|END:IF|*