ほぼ週刊【松村拓也のメールマガジン】
ブラウザでメールを読む

こんにちは、松村拓也です。
松村拓也の活動についてほぼ毎週お届けしています。ご意見、ご質問など、何でもこのメールに返信してください。


061 目次

1. 今週の頭の中:ゲームとルール
2. リリースから
ア.高校は何のため
イ.仲間探しの面白さ
3. 自分の意見の作り方(024【試される意見】20160708)
4. 来週のお誘い情報
5. アクセスポイント
6. このメルマガについて


1. 今週の頭の中:ゲームとルール

サッカーや野球に夢中になるのは、それが面白いから。そしてその面白さは、勝ち負けを競うスリル、技を磨く努力、仲間と分かち合う喜びなど様々だ。だが、これらすべてを生み出すのは、そのルールだと思う。ルールがなければゲームは成立しないし、ルールから外れた努力は無駄だし、ルールを知らずに見てもその面白さはわからない。だから「ゲーム=ルール」といってもいいと思う。だとすれば、このルールだらけの現実の世界を【ゲーム】として楽しめないか、というのが僕の提案だ。それは一握りの独裁者や権力者だけのものではなく、世界の頂点を極める人から道端で戯れる子供たちまでが楽しめるまさにサッカーのように、世界中の誰もが参加できるゲームになるはずだ。そもそも、僕らが様々なゲームに興じるのは、これこそが僕らの求めているものなのかもしれない。そして、世界をゲームとして楽しむための、準備や練習をしているとすら思えてくる。・・・続きはhttp://nanoni.co.jp/20160708

■無料サロン:松村拓也の頭の中
このサロンは、松村拓也が初めに脳から湧き出した文章を書きとめる場所です。
ブログなどで公開する前に、皆さんの率直な意見を聞きたくて、グループを作りました。
どなたでも無料で参加できますので、気軽に申請してください。
初対面の方は、事前にメッセージをくださいますようお願いします。
https://www.facebook.com/groups/1662964560608124/

【お金には力がありすぎる】20151214

「自然の変化に対する自分自身の適応」を進化と呼び、「自然の変化に対する人工的な適応」を進歩と呼ぶことにし、両者の違いを検討したい。両者の相違点は「自分自身と自分以外のもの」という部分。その相違点を一言で表すなら「お金」という言葉がふさわしい。自然の変化にお金は一切かからない。だからどんな人でも「やるべき」ことを「やりたい」と思えば「やってよい」。もちろんやりたいことが何でもできるわけではない。できることがやるべきこととは限らない。やるべきと判っていてもすぐにやりたいと思えるわけでもない。だがそこには制約はない。やってできたものが生き残るだけのこと。周囲に迷惑をかけようが、恩恵を受けようが、それらはすべてお互いさま。自然界では「適応し継続すること」が常に正しい。・・・続く

2. リリースから


ア.高校は何のため

7月4日、神奈川県立氷取沢高校の「総合的な学習の時間」で講師を務めさせていただきました。お誘い下さったN先生との出会いは、3年前にIID世田谷ものづくり学校で開催した「ナマイキ高校生養成講座」です。当時「夢高校」という事業を思い立ったものの実現の手立てを思いつかずに悶々としていたころ、IIDが夏休み企画として「高校生向けプログラム」を探していたので、急遽3日間のプログラムにまとめて実施しました。結局この講座には3名の高校生と4名の大人が参加したのですが、その大人の一人が現役高校教諭のNさんでした。なので、今回のお誘いに僕は感激し、即決で快諾させていただき、当日はもちろん「腕によりをかけて」臨んだことは言うまでもありません。学校からの要請は、「キャリアガイダンスの一環として、仕事に取り組む社会人からのアドバイス」だったのですが、僕の仕事ぶりなど話しても何の意味もありません。僕は勝手に「高校は何のため」というテーマを引っ提げて、スーパーカブで乗り込みました。・・・続きはhttp://nanoni.co.jp/20160709

イ.仲間探しの面白さ

5月31日に国会図書館で偶然当該山林を特定する資料を見つけて以来、猛スピードで事業構築を進めながら、同時進行で仲間探しを進めてきたが、いよいよ明日、7月10日の「名栗の森オーナーズクラブ・現地説明会」には、11名の参加者が集まった。このプロセスは、発見と出会いの連続で、きっと「僕の語り草になること確定」なので、記録として書き留めておきたいと思う。特に大事なことは、これが単なる集客でなく、これから事業パートナーとなってくれる人を募る「仲間探し」だったこと。提供するサービスに対価を払ってくれる顧客ではなく、共にサービスを生み出し集客を担ってくれる仲間候補をどのようにして集めるかは起業の成否の決め手となる。僕の発見や気づきが、きっと皆さんの参考になると思う。・・・続きはhttp://nanoni.co.jp/20160709-2

3. 自分の意見の作り方(松村拓也サロンのご案内)

「松村さんの話は面白い!」ってよく言われますが、それは単に「自分の意見」 だからです。
だから僕は、あなたの言葉を「あなたの意見」と感じた時、必ず「面白い」と感じます。
このサロンでは、僕の発信した意見を引用し、その背景や作り方などを解説します。
メンバーの皆さんからは、ご意見だけでなくお題の提供も大歓迎です。
僕の意見をタタキ台にして、大いに議論しましょう!
月額1,000円の会費制ですが、初月は無料ですので気軽にお試しください。
http://synapse.am/contents/monthly/matsumuratakuya

今週の投稿

024【試される意見】20160708

いよいよ参院選挙の日を迎える。そこで僕は、「先に目的を明示し、その実現に挑む」というビジネスの鉄則を、この選挙を使って試してみたい。つまり、僕がこの選挙に何を望むのかをあらかじめ明言し、選挙後にそれがどれだけ実現したかを確認する。ビジネスはまぐれ=ギャンブルであってはならない。だからこれは「予想」でなく「願望」だ。例えば「政権与党が3分の2を占めるだろう」が予想なら、「政権与党に3分の2を占めてもらいたい」が願望だ。予想を述べる人は、その理由を語るだろうが、願望には目的がなくてはならない。「3分の2確保の目的は、憲法改正を発議するため」となるわけだ。では始めて見よう。参議院選挙で日本を変えてみよう。・・・続く

4.今週のお誘いイベント

(月)07/11 作業日
(火)07/12 □午後から、笑恵館にいます
18-19時 ★笑恵館クラブ運営会議
http://shokeikan.com/info/office_mtg
(水)07/13 □作業日・面談可能(世田谷)
(木)07/14 □終日笑恵館にいます
19-21時 ★LRキーパーズクラブ
http://land-resource.org/info/lruc_info
(金)07/15 □午後から、笑恵館で面談可能
19-21時 解決しゃべり会(笑恵館)
https://www.facebook.com/events/272280716496271/
(土)07/16 □自宅作業日、終日面談可能(青葉台)
(日)07/17 □作業日

今週は、笑恵館を中心に活動します。
相談のある人、一杯やりたい人、歓迎です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
凡例
□面談歓迎:仕事してますが、あなたのアポを優先します。
■同行可能:よろしければ、僕の訪問先にお連れします。
★参加可能:僕の参加予定イベントで、あなたも参加可能なもの
松村の予定はこちらで公開しています。http://nanoni.co.jp/schedule


5.アクセスポイント

松村拓也
メール takuya@nanoni.co.jp
携帯 090-9830-3669 taku8823@ezweb.ne.jp

自宅 株式会社なのに(平社員)
〒226-0016 神奈川県横浜市緑区霧が丘3-15-1
http://nanoni.co.jp/

職場 一般社団法人日本土地資源協会
ビジネスリーグプロジェクト事務局

〒157-0073
東京都世田谷区砧6-27-19 笑恵館
http://land-resource.org/
http://shokeikan.com/


6.このメルマガについて

松村拓也とご縁のあった方に、日々の活動やブログ記事の抜粋などの情報をほぼ毎週お届けします。参加希望、ご意見、ご質問など、何でもこのメールに返信してください。

Copyright © *|CURRENT_YEAR|* *|LIST:COMPANY|*, All rights reserved.
*|IFNOT:ARCHIVE_PAGE|* *|LIST:DESCRIPTION|**|HTML:LIST_ADDRESS_HTML|* *|END:IF|*

メルマガの購読をやめる    購読方法を変更する

*|IF:REWARDS|* *|HTML:REWARDS|* *|END:IF|*