ほぼ週刊【松村拓也のメールマガジン】
ブラウザでメールを読む

こんにちは、松村拓也です。
松村拓也の活動についてほぼ毎週お届けしています。ご意見、ご質問など、何でもこのメールに返信してください。


047 目次

1. 今週の頭の中:社会悪のビジネス
2. リリースから
ア.本気を作る
イ.雇用創出と家督継承
ウ.4/7 LRキーパーズクラブ 4月例会
3. 自分の意見の作り方(012【決意の意見】20160402)
4. 来週のお誘い情報
5. アクセスポイント
6. このメルマガについて


1. 今週の頭の中:社会悪のビジネス

今朝テレビを見ていたら、暴力団について解説していたのでつい見入ってしまった。特に最近山口組から離脱した神戸山口組が引き起こす様々なトラブルが、暴力団という社会問題の構造を浮き彫りにしていて興味深い。そもそも暴力団の歴史は古く、江戸時代のまち火消から発祥したという説がある。暴力団という名称は、警察がつけた呼称を戦後マスコミが広めたものだとか。あえて定義するなら、組織的に違法・脱法行為を行うアウトロー(法外)的存在だ。既存の法律を整備し犯罪として取り締まっても、次々に新たな手口を生み出してイタチごっこが繰り返されるばかり。そこで1992年「暴力団対策法」が施行され、暴力団そのものの規制に乗り出した。続きは ・・・http://nanoni.co.jp/20160401-2

■無料サロン:松村拓也の頭の中
このサロンは、松村拓也が初めに脳から湧き出した文章を書きとめる場所です。
ブログなどで公開する前に、皆さんの率直な意見を聞きたくて、グループを作りました。
どなたでも無料で参加できますので、気軽に申請してください。
初対面の方は、事前にメッセージをくださいますようお願いします。
https://www.facebook.com/groups/1662964560608124/

今週の投稿

【最大とすべて】20151030

「最大多数の最大幸福」という言葉は、200年ほど前にイギリスの哲学者・法学者のジェレミ・ベンサムによって唱えられた説のこと。これを民主党政権時代に菅直人首相が「最小不幸」と言い換えたのは記憶に新しい。管総理は最大幸福の実現のために行われる「福祉」のことを、こう述べたのかも知れないが、僕はこれに強烈な違和感を覚える。それは、福祉とは、こんな曖昧な願望ではなく、憲法に定めた「基本的人権」を実現させるための施策のはず。だとすれば、「最大」ではなく「すべて」の国民を対象とすべきではないだろうか。例えば介護施設や保育園に入れずに困っている人がいるとはどういうことか。税金を使ってやる以上、全員が享受できない福祉など、憲法違反のはずだというのが僕の意見だ。・・・

2. リリースから


ア.本気を作る

先日いきなり電話があって、Oさんという女性が笑恵館に僕を訪ねてきた。カリスマパン屋で修業中なのだが、開業を目指し自分のパンを焼いて腕試しをしたい・・・と、本当はパン屋に相談だったのかもしれないが、うっかり僕のところに来てしまった。パン屋の答えは明快で「ダメ」の一言、もう少し具体的な話でないと取り合ってもくれない。そりゃあそうだ。あとは僕の説教タイム、人を動かすのは「目的」であること、そして「本気=具体的」というビジーネスの基本をみっちり説明した。でも最後に「あなたが初対面の僕にいきなり電話をし、こうして訪ねてきたことは素晴らしい。」と付け加えた。・・・続きは http://nanoni.co.jp/20160328-2

イ.雇用創出と家督継承

「雇用創出」という言葉を辞書で引くと「就労の機会を新たに作り出すこと。経済・雇用情勢の悪化による離職者の増加に対応するため、新規・成長産業の振興、創業・起業の支援、ワークシェアリングの促進、経済刺激策の実施などによる雇用機会の創出が図られている」とあるが、この説明には根本的な欠陥があると思う。それは、離職者の増加=雇用喪失の原因は「経済・雇用情勢の悪化」としている点だ。つまり「雇用が減ることは悪いことだから改善しよう」と言っているにすぎないことだ。・・・続きは http://nanoni.co.jp/20160402-2

ウ.4/7 LRキーパーズクラブ 4月例会

当初は、オーナーとユーザーをそれぞれ集め、両者のマッチングを図ろうと考えたのですが、実際に1回目を開催して強烈な違和感を感じました。一言で言うと「そんなマッチングができるなら苦労はしない」、つまりそれができないからこそ現状があるんだと。私たちが目指す「土地を最大限に利活用すること」を妨げている原因は、「利用者がいないこと」ではなく「所有者が利用者を探そうとも受け入れようともしないこと」だと思います。だとすれば、今必要なのは「ユーザー」ではなく、所有者とともにユーザー探しをしてくれる人・・・つまり「キーパー」です・・・続きは http://land-resource.org/info/lruc_info

3. 自分の意見の作り方(松村拓也サロンのご案内)

「松村さんの話は面白い!」ってよく言われますが、それは単に「自分の意見」 だからです。
だから僕は、あなたの言葉を「あなたの意見」と感じた時、必ず「面白い」と感じます。
このサロンでは、僕の発信した意見を引用し、その背景や作り方などを解説します。
メンバーの皆さんからは、ご意見だけでなくお題の提供も大歓迎です。
僕の意見をタタキ台にして、大いに議論しましょう!
月額1,000円の会費制ですが、初月は無料ですので気軽にお試しください。
http://synapse.am/contents/monthly/matsumuratakuya

今週の投稿

012【決意の意見】20160402

激化する暴力団についてNHKが判りやすく解説していたのですっかり見入ってしまったが(詳細は http://nanoni.co.jp/20160401-2 参照)、番組の最後に耳の痛い投稿があった。それは「暴力団の歴史は古く、すでに社会の必要悪となっているのではないだろうか」という意見。暴力団を取り締まる法律を作って規制すればするほど、その活動は地下に潜りわかりにくく巧妙になっていく・・・という解説を聞くうちに、許容範囲内の「判りやすい悪」を残した方が、凶悪化を防げるのではないかという意見が寄せられた。これに対し、解説者の一人が「きっぱり」と否定した。それは「まず初めに私たち社会全体がこの悪の組織の存在を完全に否定しなければ、この議論は始まりません」という私たち自身の決意を促す意見だった。・・・

4.今週のお誘いイベント

(月)04/04 □午後から笑恵館で面談可能
(火)04/05 □終日笑恵館周辺にいます
09:00 ★笑恵館マルシェ 11-15:00開催(笑恵館)
http://shokeikan.com/info/marche
15:00 ★日本土地資源協会 経営会議(笑恵館)
http://land-resource.org/info/lrmtg_info
17:00 ★砧むらOBK会議(おおがいさんち)
https://www.facebook.com/kinuta.obk/
19:00 ★世界激安ツアー探検隊
https://www.facebook.com/events/1019284154830856/
(水)04/06 □みんなのビル活動日(都心方面)
(木)04/07 □午前中笑恵館で面談可能(13,15時に来客)
19:00 ★LRキーパーズクラブ(笑恵館)
http://land-resource.org/info/lruc_info
(金)04/08 □午後から笑恵館周辺にいます
14:00 ★砧むらオープニングイベント(おおがいさんち)
19:00 ★NPO法人カプラー 起業交流会(三茶)
(土)04/09 ■石川県羽咋出張(7時笑恵館発)
18:00 ★羽咋の里:現地打合せ
https://www.facebook.com/groups/1676949979209367/
(日)04/10 ■石川県羽咋出張
10:00 ★シェア金沢見学会
http://share-kanazawa.com/
16:00 ★羽咋の里 見学・説明会

今週は、盛りだくさんですので、気軽にお問い合わせください。
4/9(土)から4/13(水)まで、石川県羽咋市の新プロジェクト立ち上げに出かけます。
相談のある人、一杯やりたい人、歓迎です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
凡例
□面談歓迎:仕事してますが、あなたのアポを優先します。
■同行可能:よろしければ、僕の訪問先にお連れします。
★参加可能:僕の参加予定イベントで、あなたも参加可能なもの
松村の予定はこちらで公開しています。http://nanoni.co.jp/schedule


5.アクセスポイント

松村拓也
メール takuya@nanoni.co.jp
携帯 090-9830-3669 taku8823@ezweb.ne.jp

自宅 株式会社なのに(平社員)
〒226-0016 神奈川県横浜市緑区霧が丘3-15-1
http://nanoni.co.jp/

職場 一般社団法人日本土地資源協会
ビジネスリーグプロジェクト事務局

〒157-0073
東京都世田谷区砧6-27-19 笑恵館
http://land-resource.org/
http://shokeikan.com/


6.このメルマガについて

松村拓也とご縁のあった方に、日々の活動やブログ記事の抜粋などの情報をほぼ毎週お届けします。参加希望、ご意見、ご質問など、何でもこのメールに返信してください。

Copyright © *|CURRENT_YEAR|* *|LIST:COMPANY|*, All rights reserved.
*|IFNOT:ARCHIVE_PAGE|* *|LIST:DESCRIPTION|**|HTML:LIST_ADDRESS_HTML|* *|END:IF|*

メルマガの購読をやめる    購読方法を変更する

*|IF:REWARDS|* *|HTML:REWARDS|* *|END:IF|*