ほぼ週刊【松村拓也のメールマガジン】
ブラウザでメールを読む

おはようございます。松村拓也です。
松村拓也の活動についてほぼ毎週お届けしています。ご意見、ご質問など、何でもこのメールに返信してください。


039 目次

1. 先週の話題【困った役所を市民が助ける】
2. ブログから
(ア) LRブログ【第1回LRオーナーズクラブのご案内】
(イ) ビジーネスリーグ【ビジーネスフェア2016のご案内】
(ウ) ブログなのに【海外に行ったことない人へ!(進路指導)】
3. 自分の意見の作り方(松村拓也サロンのご案内)
4. 今週のお誘いイベント
5. アクセスポイント
6. このメルマガについて


1. 先週の話題【困った役所を市民が助ける】

先日、某世田谷区の職員が笑恵館にお越しになり、区営施設の再編に伴いせっかく良い活動をしてくださっているNPOの活動の場がなくなってしまうので、「団体に笑恵館をを紹介してもよいか?」という相談でした。僕はもちろんいいですけど、区にもいろんな施設があるんじゃないですか?と尋ねると、「それはそうなんですが、不特定の一般参加者を募る活動はNGなんですよ」とのこと。「なんじゃそれは!」と思い、調べてみた。

某世田谷区けやきネットの「利用者登録をお断りする主な項目」は次の通り。
1. 営利を目的とする場合
2. 予約を他の団体に譲り渡すことを目的とする場合
3. 同一の団体及びテニスグループでの重複登録の場合
4. 抽選申し込みの当選確率を上げることを目的とする場合
5. 不特定多数で利用する場合
6. 他の利用者の迷惑となるような活動をする場合
確かに「5. 不特定多数で利用する場合」というおよそ公共施設らしからぬ項目があるではないか。

僕がこの項目に反応するのは、昨年日本土地資源協会の公益申請を取り下げた大きな要因が、「会員制の笑恵館クラブ」は公益事業とは言えない・・・という指摘だったからだ。その時はしぶしぶ納得し、事業再構築の覚悟を決めたが、公共の代表格である行政サービスが不特定多数の利用を制限しているではないか。想像するに、不特定多数を許してしまうと、そこは区外住民に開放すると同じこと。また、不審者の侵入を防ぐためにも、顔見知りの仲間での利用を条件としているのかも知れない。だがそうだとすれば、笑恵館クラブだって同じこと。むしろ、地域外の人でも自由に入会できる分、よほど公益性が高いとも言える。この件は、早速区役所に乗り込んで、はっきりしておきたい。

今回、こんな規定を見つけて驚いたが、一般に公益とか非営利と言われる多くの事業が極めて閉鎖的なことを僕は知っている。私欲を捨て、社会の公益を目指すなら、大いに連携したり、団結すればよいものの、現実は些細なことで仲間割れや分裂を繰り返している。以前、地域に戻ってきたシニア世代を受け入れる団体や活動を紹介する冊子を作るのに、とても苦労したのを思い出した。説明会やお試し入会など新規メンバーを受け入れる団体はごく一部で、ほとんどの団体は単なる仲良しグループにすぎないからだ。結局今回、不特定の参加者を受け入れる団体の活動は、公共施設でなく民間施設で受け入れなければならないという奇妙な現実が明らかになった。

相談に来た職員のお二人を、暖かく迎えたのは言うまでもない。そしてさらに「これからも、こういう役所でできない困りごとがあったら、いつでも相談に来てください」と申し上げると、「ええ、助かります。これからは気軽に相談に参ります!」とすがすがしい顔で帰って行った。役所の悩みを市民が助ける・・・こういう時代になったんですね。

■無料サロン:松村拓也の頭の中(タイトル変えました)
今回から、トピックスの内容もこちらのFacebookグループで公開することにしました。
どなたでも無料で参加できますので、気軽に申請してください。
初対面の方は、事前にメッセージをくださいますようお願いします。
https://www.facebook.com/groups/1662964560608124/

先週のリリース

#034【正常性バイアス】20150926
正常性バイアス(せいじょうせいバイアス、英: Normalcy bias)は認知バイアスの一種。社会心理学、災害心理学などで使用されている心理学用語で、自分にとって都合の悪い情報を無視したり、過小評価したりしてしまう人の特性のこと。 自然災害や火事、事故・・・

2. ブログから


(ア) LRブログ【第1回LRオーナーズクラブのご案内】

【LRオーナーズクラブ】とは、 自分の所有する土地資源を活用したい人が情報交換するための交流サロンです。多くの土地所有者の本当の願いは土地を「売ること」ではなく「永続的に活用すること」なのに、国も社会もそして利用者も、このことを忘れていると思います。私たちは、土地を利用することや、土地を使ってビジネスをすることを、土地所有者に直接提案し協力して行うべきと考えます。会場の笑恵館は、まさにオーナーと当協会が共同経営する「事例」です。所有する土地や建物をを、売却せず世代を超えて引き継いでもらうにはどうしたらいいのか ・・・とぼやている皆さんの参加をお待ちしています。・・・続きはこちら・・・ http://land-resource.org/lroc


(イ) ビジーネスリーグ【ビジーネスフェア2016のご案内】

今年のビジーネスフェア(交流会)は、当日ビジネスプランを作り、プレゼンまで行う「ワークショップ」として開催いたします。リピーターの方も、初めての方も、世界一ハードルの低いビジネスコンテストで自分の夢やチャレンジを語り合いましょう。会場は話題のスポット、自由が丘の「シェア奥沢」です。皆さんの参加をお待ちしています。

■日時
2016年3月7日(日)13~18時
■場所
シェア奥沢
■プログラム
12:30 開場
13:00 開会・ガイダンス
13:15 ビジーネス教室 ビジーネスの作り方
14:00 ワークショップ ビジーネスを作ろう
17:00 交流会
18:00 閉会
■参加費
1,000円(懇親会参加費を含む)
■お問い合わせ・申込方法
「お名前」と簡単な「参加動機」を添えて、
事務局までメールで:info@coupler.or.jp

・・・続きはこちら・・・ http://coupler.or.jp/league/archives/806


(ウ) ブログなのに【海外に行ったことない人へ!(進路指導)】

よく「常識を打破する」とか、「自由な発想」と言いますが、それを学ぶには旅・特に海外の旅が欠かせません。しかし一方で「今の若者は海外に行こうともしない」と嘆く声を聞きますが、そういう人に限って「あなた本当に海外に行ったことあるの?」と疑いたくなるくらい海外体験を生かせないでいるのも現実です。そこで、海外には興味あるけど「きっかけがない」とか、「一人じゃ不安」という方を、僕の大好きな激安ツアーにお誘いしようと考えました。その名も・・・続きはこちら・・・ http://nanoni.co.jp/20160206

3. 自分の意見の作り方(松村拓也サロンのご案内)

「松村さんの話は面白い!」ってよく言われますが、それは単に「自分の意見」 だからです。
だから僕は、あなたの言葉を「あなたの意見」と感じた時、必ず「面白い」と感じます。
このサロンでは、僕の発信した意見を引用し、その背景や作り方などを解説します。
メンバーの皆さんからは、ご意見だけでなくお題の提供も大歓迎です。
僕の意見をタタキ台にして、大いに議論しましょう!
月額1,000円の会費制ですが、初月は無料ですので気軽にお試しください。
http://synapse.am/contents/monthly/matsumuratakuya

先週のリリース
004【本音でない意見】20160206
「多数決こそが民主的な物事の決め方だ」と盲目的に決めつけることは、かなり危険なことだと思う。それは一見全ての意見を尊重しているように見せかけて、全体の現状で物事を決めつけてしまうやり方だ。これからそのからくりについて意見を述べたい。・・・

4.今週のお誘いイベント

(月)02/08 □自宅作業日(長津田)
(火)02/09 □午後から笑恵館で面談可能
14:30-15:30 ★砧むらOBK打合せ(笑恵館)
17:00-19:00 ★笑恵館クラブ運営会議(笑恵館)
再構築した公益事業のスキームについて討議します。
(水)02/10 □自宅作業日(長津田)
(木)02/11 □午後渋谷周辺で面談可能
18:00-20:00 ★イベント「経営会議」(渋谷)
https://www.facebook.com/events/527280397453117/
(金)02/12 □午後から笑恵館にいます
13:00-14:00 ★砧むらOBK(おおがいさんち)
19:00-21:00 ★カプラー起業交流会(三軒茶屋)
http://www.ldk.co.jp/index.html
(土)02/13 □自宅作業日(長津田)
(日)02/14 休業日

※今週はあまりアポがありませんので、気軽に誘ってください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
凡例
□面談歓迎:仕事してますが、あなたのアポを優先します。
■同行可能:よろしければ、僕の訪問先にお連れします。
★参加可能:僕の参加予定イベントで、あなたも参加可能なもの


5.アクセスポイント

松村拓也
メール takuya@nanoni.co.jp
携帯 090-9830-3669 taku8823@ezweb.ne.jp

自宅 株式会社なのに(平社員)
〒226-0016 神奈川県横浜市緑区霧が丘3-15-1
http://nanoni.co.jp/

職場 一般社団法人日本土地資源協会
ビジネスリーグプロジェクト事務局

〒157-0073
東京都世田谷区砧6-27-19 笑恵館
http://land-resource.org/
http://shokeikan.com/


6.このメルマガについて

松村拓也とご縁のあった方に、日々の活動やブログ記事の抜粋などの情報をほぼ毎週お届けします。参加希望、ご意見、ご質問など、何でもこのメールに返信してください。

Copyright © *|CURRENT_YEAR|* *|LIST:COMPANY|*, All rights reserved.
*|IFNOT:ARCHIVE_PAGE|* *|LIST:DESCRIPTION|**|HTML:LIST_ADDRESS_HTML|* *|END:IF|*

メルマガの購読をやめる    購読方法を変更する

*|IF:REWARDS|* *|HTML:REWARDS|* *|END:IF|*