ビジーネスリーグは、【ビジーネス】に挑む市民たちが地域のコミュニティ【チーム】に所属して、イベント【ゲーム】を展開する仕組みです

E.チーム(コミュニティ)について

1.ビジーネスを育てる地域コミュニティ

コミュニティとは、何かを共有する人たちのグループのこと。
地域には、様々な課題の解決を目指し、市民に活動の場や交流の機会を提供する施設やグループが各所にあります。
こうした場所や機会を活用して行われる市民の[ビジーネス]は、まさに地域コミュニティの産物です。
ビジーネスリーグは、市民の[ビジーネス]を育てるため、そんな地域コミュニティを支援する取り組みでもあります。
地域に根差し、小さな[ビジーネス]が生まれる機会を提供する様々な場所・コミュニティの例

コミュニティカフェ                  地域交流を目的とする交流ビジネスの育成
コワーキングスペース                            スモールビジネスの交流の場
シェアオフィス                         スモールビジネスのための共有オフィス
シェアハウス                                          起業やビジネスをテーマに暮らすコミュニティ
インキュベーション施設           新規起業(創業)を支援する事業施設
協働ステーション                     行政と民間の連携を促進する施設や仕組
アントレハウス                         永続ビジネスの創出に取り組む

2.チームの役割、独自の活動

チームとしてビジーネスリーグに参加するコミュニティは、申込用紙でチームエントリーを行います。
エントリーの有効期限は、3月末日ですが、脱退の申し出がない限り自動的に更新します。
コミュニティに所属する市民の、ビジーネスエントリーを受け付けて、申込用紙を事務局に提出します。
事務局からエントリー者への連絡などは、チームを介して行います。
チーム独自のテーマに沿って、セミナー、フェア、アワードなどを開催することができます。

3.他チームとの連携や交流

コミュニティ同士が地域や分野を超え、[ビジーネス]を介して交流すれば、新たな刺激と出会いは得られるはずです。
チームに所属するエントリー者が、事務局が主催するイベントに参加する際は、必ずチームも参加して下さい。
事務局が主催するイベントに連携主催者として参加し、チーム独自選考基準で特別賞を授与することができます。

4.事務局の仕組み

ビジーネスリーグプロジェクトは、特定非営利活動法人カプラーが主催し、事務局長の松村拓也が担当します。
プロジェクト事務局は、チームとしてエントリーしている「笑恵館」内に設置します。
事務局は、事業全体の企画、啓発活動、エントリー情報の管理とWEBサイトの運営、会計事務などを行います。
イベントなどのビジーネスリーグの運営については、有志チームに、幹事として参加していただきます。
幹事を中心に誰でも参加できる運営会議を、毎月  に開催します。

お気軽にお問合せください(担当:松村) TEL 090-9830-3669 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ビジーネスリーグプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.