ビジーネスリーグは、【ビジーネス】に挑む市民たちが地域のコミュニティ【チーム】に所属して、イベント【ゲーム】を展開する仕組みです

D.[ビジーネス]登録の条件

1. 市民に役立つ[ビジーネス]であること

[ビジーネス]が市民や地域社会に役立つとは、[ビジーネス]が一方的に奉仕するのでなく、互いにメリットを得る「利害が一致する関係」です。そこで、役立つことへの対価の流れで分類すると、次のようになります。
A.市民から対価をもらう               →市民に求められる[ビジーネス]      →新たな商品・課題解決

市民に商品を提供したり、市民の課題を解決することで、[ビジーネス]が対価を得て、双方が得をします。
市民に、商品や課題解決などのメリットがある点で、この[ビジーネス]は地域社会に役立ちます。
しかし、この関係だけではいずれ地域経済は枯渇してしまい、[ビジーネス]も継続できません。
[ビジーネス]が地域で存続するためには、これとは逆に市民が対価を得る[ビジーネス]が不可欠です。
B.市民に対価を払う                      →市民を必要とする[ビジーネス]      →新たな雇用・資源活用

[ビジーネス]が市民を雇用したり、地域で資源を調達することにより、市民が対価を得て、双方が得をします。
市民に、対価を得るというメリットがある点で、この[ビジーネス]は地域社会に役立ちます。
しかし、これらの関係だけでは、個々の市民と[ビジーネス]の自立と継続が可能になったにすぎません。
市民と[ビジーネス]が、地域を介して連携し、その活力が維持されなければ、地域の存続はあり得ません。
C.お金のやり取り無し                   →市民がときめく[ビジーネス]         →新たな魅力・地域自慢

[ビジーネス]の魅力で、市民の心がときめくなら、対価のやり取りがなくても、双方が得をします。
対価のいらないメリットは「地域のおかげ」となる点で、この[ビジーネス]は地域社会に役立ちます。
素敵な店舗、気さくなスタッフ、珍しい商品が近所にあることは、地域の魅力・自慢として発信されます。
その結果、地域外での関心が高まり、来訪者が増えることは、地域・[ビジーネス]双方のメリットです。
■参加条件① [ビジーネス]の3条件(A~C)から1つを選ぶこと

これらすべてを満たすことが理想かも知れませんが、欲張らず1つだけを選ぶことで、わかりやすく説明してください。

 

2.実施する[ビジーネス]であること

[ビジーネス]は実施が前提ですが、実施を前提とするアイデア、実施前でも受け付けます。

どんなに小さな[ビジーネス]でも、実施済みなら「事業」
どんなに大きな[ビジーネス]でも、実施前なら「アイデア」
■参加条件② [ビジーネス]が【事業】か【アイデア】かを、明示すること

 

3.参加者の名前と連絡先を開示すること

[ビジーネス]に挑むすべての市民に、営利・非営利、公・私、法人・個人など、一切の制約や制限はありません。
ただ、[ビジーネス]に取り組むためには自ら名乗り、連絡先を開示し、相談や問合せに対応しなければなりません。
■参加条件③ 参加者の【名前】と【連絡先】を開示すること。

なお、「名前」は本名でなくても構いません。「連絡先」は、メールアドレスを基本とします。

 

4.[ビジーネス]の地域性

[ビジーネス]が、地域と関わりながら活動するためには、実際に地域で活動する人々と交流する必要があります。
ビジーネスリーグでは、趣旨に賛同していただける地域コミュニティに、チームとして参加していただきます。
チームは、エントリー受付の他、参加者との取次や地域イベントの開催など、主催者として活動します。
■参加条件④ エントリーの提出先となる「所属コミュニティ名」を明示すること

お気軽にお問合せください(担当:松村) TEL 090-9830-3669 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ビジーネスリーグプロジェクト All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.