1004

2004

目的:
せっかく一等地にビルを持っているのだから、余った部分を開放し、新しいビジネスを生み出したい。


方法:
所有者と私たちが、ビルと事業ノウハウを出し合って、資源として活用するパートナー事業を行う。