E01.世界学

世界学・・・言葉の構造を知ることで、世界の構造を解き明かす

chap_00

言葉で世界を説明出来るのは、世界のすべてに対応する言葉を用意してあるからであって、世界が言葉で出来ているからではありません。その証拠に、個々の言葉を説明するには、世界の「それ」を指し示すしかできず、私たちは自分で感じ取った世界に言葉を当てはめているにすぎません。

そこで、言葉の意味や構造を、理屈で考えるのでなく世界から直接感じとり、世界そのものの構造を探っていきたいと思います。

松村拓也

no.01

chap_01
リーダー:先頭を歩く人
マネージャー:末尾を歩く人

no.02

chap_02
信じること(手段)とは、 自分の言葉を信じて欲しい(目的)
から
相手の言葉を本当と思う(方法)
こと

no.03

chap_03
「は」と「が」の違いは子どもでもわかるが、
これらの違いを説明できる人はほとんどいない。
それもそのはず・・・・
言葉の意味は説明する必要などなく
判ればいいのだから

no.04

chap_04
名詞には、過去形・現在形・未来形があるようだ
これは語尾などの形式的変化ではなく、
意味=世界の変化だ

no.05

chap_05
たとえ似たような意味でも、
言葉が違えば意味は違う。
「起業」と「創業」は、
「家」を加えると違いが明白になる。
その違いを突き詰めると、
否定となった。
否定は、
逆ではない。

no.06

chap_06
不満の解消法には2つある。
不満部分を満たすか、
不足そのものをなくしてしまうか。

no.07

chap_07
ビジネスとは
ヒト・モノ・カネを用いて
目的の実現を目指す取り組みの「全体」のこと。

no.08

chap_08

自分の疑問とは 目的(why)・手段(what)・方法(how)の3つ。

僕は、3つの疑問を左図のように 順番に感じ、考え、実行している。

no.09

 chap_09

相手の身振りや声など行動を感じることは出来るが、 思いや考えを知ることはできない。

コミュニケーションは、互いの疑問を総動員して 互いが自分自身を知る行為。

no.10

chap_10

一人ひとりが知っている世界の全体 に 誰も知らない世界を加えたもの が 宇宙

no.11

chap_11

夢とは、事前に想うこと

 夢が現実になるのが「実現」 夢なしに起きる現実が「まぐれ」 「実現」は再現することができるが、 まぐれはどうだろう・・・

 no.12

chap_12

抽象化は表現の手段 表現は、 相手に疑問を与えること

具体化は説明の手段 説明は、 相手に答えを与えること

no.13

chap_14-takuya00

許可:やってよい
権利:やらなくてよい
義務:やらないとダメ
禁止:やってはダメ

よい:自由 ダメ:責任
やる:実施 やらない:放置

no.14

chap_14

ビジネスにおいて価値のやり取りは様々だ。
仕事が欲しければ仕事を与えればいい。

営業とは、仕事そのものをやり取りすることだ。

no.15

chap_15

「公・私」と「官・民」は、

  • 使用:誰の仕事か、誰に役立つか
  • 所有:誰の持ち物か、誰に属するか

で使い分ける

no.16

chap_16

善悪は自分で決める

否定が悪、肯定が善

悪から離れ、善に向かう

no.17

つづく 20161119

コメントを残す