D32.大人へのプロセス

12歳

  • 公共交通機関の運賃・料金は大人運賃・料金となる。
  • 少年法における少年院送致下限年齢(正式にはおおむね12歳)。

13歳

  • 性交同意年齢。

14歳

  • 刑事責任を問うことができようになる(刑法41条)。
  • 小児科受診の基本的上限(受診を制限するものではない)。

15歳

  • 義務教育期間が終了。
  • 遺言ができるようになる(民法961条)。
  • また、日本で臓器移植のドナーとなることができる。
  • 映画のレイティングシステムによってR-15指定(15歳未満の鑑賞禁止)された映画が視聴できる。
  • 古代から中世における元服の年齢。
  • 労働基準法における労働をすることが出来るようになる(例外あり。22:00-5:00の深夜業は18歳まで不可)。
  • 印鑑登録が可能になる。
  • また、印鑑登録が可能になることにより、会社の取締役等に就任する事が可能になる(例外的に15歳未満でも印鑑登録証明書の提出が必要なく、取締役に就任が可能な場合もある)。

16歳

  • 女性の結婚が可能になる(民法731条。ただし父母一方の同意が必要 民法第737条)。
  • 以下の免許・資格の取得が可能になる。
  • 原動機付自転車や普通自動二輪車、小型自動二輪車、小型特殊自動車の運転免許、特殊小型船舶、2級小型船舶(総トン数5トン未満の限定。
  • 18歳に達すると自動的に限定解除となる)、2級小型船舶(湖川小出力限定)の操縦免許、自家用の滑空機の操縦免許 200ccの献血が可能になる。

17歳

  • 児童福祉法の適用上限年齢。
  • 以下の免許・資格の所得が可能になる。
  • 自家用の飛行機、ヘリコプター、飛行船の操縦免許、航空通信士、二等航空士の資格 日本で警察官および消防士に採用されることが可能になる。
  • 日本で飛び入学による大学への入学が可能な最低年齢。
  • 400ccの献血が可能になる。(2011年4月より・男性のみ)

18歳

  • 大学への入学が可能な最低年齢(飛び入学は除く)。
  • 男性の結婚が可能になる(民法731条。ただし父母一方の同意が必要 民法第737条)。
  • 以下の免許・資格の取得が可能になる。
  • 普通自動車・大型特殊自動車・けん引・大型自動二輪車の運転免許、大型船舶・1級小型船舶の免許、事業用の飛行機・ヘリコプター・飛行船・滑空機の操縦免許、建設機械の操作免許・資格、潜水士の免許、火薬類保安責任者の資格、ガンマ線透過写真撮影作業主任者・エックス線作業主任者の免許、ガス溶接作業主任者の免許、ボイラー技士・ボイラー溶接士・ボイラー整備士の免許、発破技士の免許、臭気判定士の資格、毒物劇物取扱責任者の資格、航空運航整備士・航空機関士・一等航空士の資格、救命艇手の資格 クレジットカードの保有が可能になる。
  • 危険有害業務等の作業が行える。
  • 2級小型船舶操縦免許の総トン数5トン未満限定が自動的に解除される。
  • 操縦免許が取得できるのは16歳。
  • R-18指定(18歳未満の鑑賞禁止)された映画を視聴できる。
  • 有害図書(いわゆるエロ本、アダルトゲーム、アダルトビデオなど、性的もしくは暴力描写のある本、メディア)の購入等が可能になる。
  • 風俗店(パチンコ店含む)への入店、また労働に従事する事が可能になる。
  • 技能講習や特別教育の修了証を取得できる。
  • 献血における、血漿、血小板の下限年齢。

19歳

  • 少年法の適用上限年齢。
  • totoの購入が可能になる。
  • 二等航空整備士の資格を取得できる。

20歳

  • 成人(成年・民法4条)を迎える。
  • 選挙権が与えられる(公職選挙法)。
  • 本人の意思だけで契約などの法律行為が有効に行える(民法5条)。
  • 父母の同意なく本人の意思だけで結婚(婚姻)が可能になる(民法737条)。
  • 飲酒・喫煙が可能になる。
  • 公営競技(競馬・競輪・競艇・オートレース)の投票券が購入できる。
  • 消費者金融から金銭の借り入れをすることができる。
  • 少年法の対象から外れる。
  • 以下の免許・資格の取得が可能になる。
  • 中型自動車の運転免許、一等航空整備士の資格、商業施設士の資格、鉄道車両の操縦免許(動力車操縦者)、船舶に乗り組む衛生管理者の資格 短期大学・高等専門学校卒業の最低年齢。
  • 国民年金への加入義務が生ずる。

G.外論(ブログ)とは

まつむら塾に関連する松村拓也のブログです。
これまで僕が勝手に生み出す学問に関する新たな気づきを書いてきましたが、今後も記事を増やさずに、思いついたことを加筆していきます。

C.地主学とは

土地オーナーとは、土地や建物の所有権者のこと。
土地オーナーであり続けるということは、「所有権を手放さない=土地を売らない」ことを意味します。
実は、このことをサポートする人が滅多にいないことに気付いたので、私は「地主の学校」を開設しましたが、現在、教科書の書籍化を準備していますので、もう少々お待ちください。
以下、まえがきと目次 をご紹介いたします。

“C.地主学とは” の続きを読む

B.破綻学とは

人々は失敗を忌み嫌い、決して直視しようとしません。しかし、失敗を知り、自ら想定できなければ、責任あるビジネスのチャレンジはできません。このセミナーでは、松村拓也が自らの起業活動の原点と位置づける「辰建設㈱倒産事件」の現場にあなたをご案内し、失敗を直視して克服する発想法を手ほどきします。テキストの「倒産覚悟の経営のススメ」は、このサイトに全文を掲載していますので、自由にご覧ください。

“B.破綻学とは” の続きを読む

A.実現学とは

新規事業の創出や新会社の設立、はたまた破たん処理のサポートから、個人起業のアドバイスに至るまで、支離滅裂ともいえる多様な取組を経て、開き直った僕は数年前から「起業支援活動家」と名乗るようになりました。「実現学」とは、そんな僕が自ら編み出した学問というより発想法のようなものです。

“A.実現学とは” の続きを読む

その逆は何だ

何かを説明しようとするとき、特にそれを一言で言おうとするときに、その言葉の意味が説明と違っていては話にならない。そこで[まさにこれ!]と思える言葉を探して使うのだが、それを相手がその意味で聞いてくれるかどうかが問題だ。 “その逆は何だ” の続きを読む

四つの夢

今僕の頭の中に、以下の4つの問題があります。

このレターをどうしたかったのか?
このレターをどうしようとしているのか?
このレターを最後にどうしたいのか?
その後はこのレターをどうしたいのか? “四つの夢” の続きを読む

片付けはなぜ難しい

先日テレビを見ていたら、「あなたもできる片付けの極意」 みたいな番組の中で、さんざん遊んで散らかしたおもちゃをテキパキと片付ける小さな子どもが登場した。

そしてこの子たちに片付け方を教えたという女性が登場し、片付けられない子供たちは「片付けるという言葉の意味を知らない」のだという。 “片付けはなぜ難しい” の続きを読む

A1.起業編 はじめに

起業編で学ぶのは、「事業目的が実現した時のこと」を自分の頭の中で考えるやり方です。もしもあなたが、始める前から「それは無理」というなら、それはあなたにやる気がない証拠。まずはその点を自分に問いかけてみてください。当面「実現する気のない目的」は、この塾では取り扱いません。必ず「実現を前提とする目的」を用意してください。 “A1.起業編 はじめに” の続きを読む

A3.地域編 はじめに

地域編で学ぶのは、あなたのやりたいことが社会とどんな関係にあるかを考えるやり方です。もしもあなたが、「社会にはあまり興味が無い」というなら、それはあなたの目的を社会と共有する気がない証拠。まずはその点を自分に問いかけてみてください。「社会にアピールする気のない事業」は、この塾では取り扱いません。必ず「普及を前提とする目的」を用意してください。 “A3.地域編 はじめに” の続きを読む

A4.創業編 はじめに

創業編で学ぶのは、あなたにとって初めてのチャレンジでも、誰もが経験することなら貪欲に学ぶやり方です。もしもあなたが「経験者の知恵などあまり興味が無い」というなら、それはあなたの学習意欲がない証拠。まずはその点を自分に問いかけてみてください。「謙虚に学ぶ気のない人」は、この塾ではお相手しません。必ず「知ったかぶりをしない素朴な疑問」を用意してください。 “A4.創業編 はじめに” の続きを読む

A11.what:具体と抽象

5W1Hの中で、「What(なに)」は特別な疑問です。
「なぜ」は理由を、「どのように」は方法を、「だれ」は人間を、「どこ」は空間を、そして「いつ」は時間を訊ねる疑問ですが、「なに」は一体何を訊ねているのでしょう。例えば「あなたは誰ですか?」と問われたら、「松村です、この塾の主催者です」でよさそうですが、「あなたは何(何者)ですか?」と問われて、「別に怪しい者ではありません」と応えればそれでいいのだろうか。 “A11.what:具体と抽象” の続きを読む

A13.who:人間と相手

人間とは私たち自身のこと。私たちは、自分自身から世界を考えるだけでなく、相手の身になって物事を考えることができます。相手が何を感じ、何を考えているかを知ることができれば、そんなことをする必要はありませんが、残念ながら私たちにはそれができないので、「自分がもしも相手の立場なら…」と想像するのです。もしも自分が相手に褒められてうれしいなら、相手も自分に褒められればうれしいかもしれません。 “A13.who:人間と相手” の続きを読む

A14.where:空間と部分

空間という言葉は、部屋などの場所を指す言葉ですが、私たちは部屋の中にいるから部屋を空間と感じるのであって、外に出ればそれは建物というモノです。ですからここでは「世界を構成するあらゆるモノを指す言葉」ということにします。全ての空間とは「世界全体」と「世界すべて」のことです。全体とすべては同じものですが、全体が1つであるのに対し、全ては全数のこと。例えば、人類という種類は1つですが、その数は70億人です。 “A14.where:空間と部分” の続きを読む

A15.when:時間と現在(編集中)

時間とは変化を表す言葉です。変化という現在を境にして、それ以前を過去、それ以後を未来と呼びます。この世界がどのように始まり、そのように終わるのかを私たちは知る由もありませんが、私たちが何かを感じ・考え・体験するのは、すべて時間の中の営みであり、もしもこの世に時間=変化が無かったら、それは何もないことに等しいと思います。

“A15.when:時間と現在(編集中)” の続きを読む

A2.交流編 はじめに

交流編で学ぶのは、自分のやりたいことを、自分や周囲の人々に伝え、賛同を得て動かすやり方です。コミュニケーションの基本は、相手の身になって考えることですが、ここで必要なことは、相手があなたの身になって考えてくれるようになることです。そのためにまず、あなた自身があなたのことを知ることから始めます。自分を知らなければ相手に自分を知ってもらうこと奈で出来ません。 “A2.交流編 はじめに” の続きを読む

A21.二人の自分

あなたのやりたいことを他人に伝えるためには、その内容を理解してもらう前に、それがあなたの本心だと思ってもらう必要があります。そのためには、あなたは一体どうすればいいのかを、ご一緒に考えてみましょう。

自己紹介の内容を相手に応じて変えるのはなぜか? それは、あなたに関する「伝えるべきこと」が、相手によって違うからです。 “A21.二人の自分” の続きを読む