A24.伝達の確認

相手に問いかけても質問をしてもらえないのはなぜか?

A24_1.伝達とは何か

馬鹿の壁:判りましたか?の意味、判りました!の意味、で、何が判ったのか?
伝達の目的:判るとは何か?、判らせたいことは何か?、質問の必要性

 

A24_2.伝達の内容

自分のこと:What手段・名前、How方法・材料、why目的・理由
世界のこと:whoだれ・人間、Whereどこ・空間、Whenいつ・時間

 

A24_3.伝達の確認

質問とは何か:相手の質問、自分の質問、答えという合意形成
質問の内容:理解できたか?、得したか?、正しいかどうか?

 

A24_4.伝達の効果

何を伝えたかった?:意外な質問、答えと確認、伝えたいことを言えたのか?
何が伝わった?:意外な答え、質問と確認、伝わるように言えたのか?

 

A24_5.伝わらない理由

相手は理解可能か?:質問が無いと言われたとき、説明相手の価値、相手を選んだ理由
説明は理解可能か?:判りませんと言われたとき、説明内容の価値、内容を選んだ理由

 

A24_6.伝えなければならないこと

目的の再確認:自分の目的、相手が持つべき目的、共有すべき目的
伝達の修正:質問を促す説明、疑問を生み出す提案、否定を免れない断言

A24_ワークショップ 質問の誘発法

 

1.説明と質問

(いつ)   (どこ)   で、(なに)   をしてください

に対し、どんな質問が考えられますか?

2.意外な質問

3.質問を促す表現とは

4.疑問を生み出す表現

5.否定を免れない表現

6.あなたのやりたいこと の説明

私は      するために、    したいと思います。

そしてこれを     と名づけたいと思います。

7.あなたが5.で一番伝えたかった事はどれですか

・1行目(why) ・2行目(how) ・3行目(what) ・その他

8. 6.を踏まえて、ある目的のために、ある方法で、ある名前をと言い換えて、話して見ましょう

9.質問:ある   とは何だと思いますか?

コメントを残す