A14.空間について:全体と個

空間という言葉は、部屋などの場所を指す言葉ですが、私たちは部屋の中にいるから部屋を空間と感じるのであって、外に出ればそれは建物というモノです。ですからここでは「世界を構成するあらゆるモノを指す言葉」ことにします。全ての空間とは「世界全体」と「世界すべて」のことです。全体とすべては同じものですが、全体が1つであるのに対し、全ては全数のこと。例えば、人類という種類は1つですが、その数は70億人です。そこで、これを区別するために「全体と個」と言い換えて、すべてを1つにまとめたのを「全体」、全てをバラバラにした1つを「個」とします。人間が集まった全体を人類と呼び、国が集まった全体を世界と呼びます。つまり、全てのモノは「何かの集まった全体」と考えられます。

 

ところで、日本という全体は都道府県という個の集まりですが、都道府県という全体は市町村という個の集まりです。この場合、都道府県は日本を構成する個であると同時に市町村の集まった全体と言えますね。こうした「個であると同時に全体」であることを「部分」と定義したいと思います。考えてみれば、日本という国だって都道府県の全体であると同時に世界を構成する個ですし、市町村だって都道府県を構成する個であると同時に町や丁目の全体でもある訳です。こうして考えると、およそ全てのモノが「部分」だと言えますが、現に私たちはモノを「部分」として理解しています。例えば、都道府県とは「国に所属し、市町村で構成されているモノ」と定義されます。東京都は日本に所属し、特別区や市町村で構成されているので都道府県ですが、渋谷区は日本に所属していても市町村で構成されていないので都道府県とは言えません。このように、部分であることは「所属と構成」で説明できる定義であると同時に判断基準だと言えるでしょう。

 

このように世界を空間的に理解する方法を利用して、自分の思いや目的を描くことが本章の目的です。新しい商品と既存の商品の違いを、その商品がどんな分類に属するのか、どんな材料で構成されているのかを使って説明するのは、まさに「部分を用いた空間的な説明」と言えるでしょう。そして、「同じと違い」を論じることは、「外と内」や、「正と誤」だけでなく「善と悪」や「美と醜」など対立する概念を論じることに通じています。これまで「与えられてきた定義」だと思っていた常識の数々を、あなた自身が再定義して新たな価値観を生み出すことが、where(どこ)の醍醐味です。

コメントを残す