A13.人間について:自分と相手

人間とは私たち自身のこと。私たちは、自分自身から世界を考えるだけでなく、相手の身になって物事を考えることができます。相手が何を感じ、何を考えているかを知ることができれば、そんなことをする必要はありませんが、残念ながら私たちにはそれができないので、「自分がもしも相手の立場なら…」と想像するのです。もしも自分が相手に褒められてうれしいなら、相手も自分に褒められればうれしいかもしれません。考えてみれば、私たちは何も知らない赤ん坊のころから、周囲との関係において自分が感じることと自分がしたりされたりすることとの関係から、相手の思いや考えを推し量り、その試行錯誤を繰り返しながら感じることとやることの関係を学んできたわけです。ですから、どんなに相手の思いを推し量ったとしても、それは自分自身の思いに過ぎないと思います。

しかし同時に、このことは「私たちが誰にでもなれる」ことを意味します。一度も会ったことのない人でも、すでにこの世にいない人でも、空想上の人にでも、テレビに出てくる人や新聞に書いてある人でも。さらに言えば、それが人間でなくても、犬や猫、草や木、山や川にだってなることができます。つまり、世界中の何にだって身を置いて考えることができるわけです。そこで私は、「相手の身になる」という言葉から、自分自身以外のすべての人間を「相手」と呼ぶことにしました。「相手」には、大別すると2種類あります。それは自分に対し、何らかの反応を示してくれる相手と、そうでない相手です。前者を「あなた(2人称)」、後者を「彼・彼女(3人称)」と呼ぶことは以前お話ししました。両者の違いは、コミュニケーションができるか否か、つまり相手の身になって考えたことが正しいかどうかを確認できるかどうかの違いです。

私たちの多くの判断は、こうした「相手の身になること」で考え出した結論です。相手の意見にじっくり耳を傾け、納得のいくまで聞いたうえでの判断など滅多にありません。でも、考えてみれば、相手だって同じこと。誰もが自分の価値基準で相手のことを判断しているにすぎません。問題は、そのことを知った上で、自分が相手に「何を感じ、何を考えて欲しい」と望んでいるのかをきちんと考え、相手がそうなったことをどうやって確認するかということです。この講義では、独りよがりから抜け出して、人間の世界を理解する方法について考えます。

 

課題:あなたのビジネスの登場人物を列挙してください。

コメントを残す