A12_2.理系と文系

5W1Hの中で、「Why(なぜ)」と「How(どうやって)」は、答えを説明するための疑問です。
「What(なに)」の答えが、その疑問を特定するための単なる名前だったのに対し、「なぜ」と「どのように」は具体的な答えを表します。

アメリカでは幼稚園の頃から「これは何ですか?」という授業があり、様々なモノを手に持って説明するそうです。
その際、例えばペンを持って「それは何ですか?」と問われたら、「これはペンです」と答えてはいけません。
「ペン」という名前を言わずに、どうやって説明するかを楽しむゲームです。
すると子供たちは、「なぜ・何のためにそれを使うのか」や「どうやって使うのか」を、身振り手振りで懸命に語ります。
つまり、「これはなんですか?」の答えは、「ペン」ではなく「ペンとは何かを説明すること」に他なりません。

これは、辞書を引くとよくわかります。
ペン:インキをつけ、字や絵をかく洋風の筆記具。
「インキ」は主に消えないという目的を表し、「つける」は主にそのやり方を示しています。
字、絵、かく、洋風、筆記具など他のすべての言葉にも、理由や目的と、方法がちりばめられています。

もう一つ面白いエピソードをご紹介しましょう。

理科の先生に「なぜ宇宙はできたのか?」と尋ねると、「宇宙は”なぜ”でなく、”どのように”できたのかを考えなさい」とられます。
一方歴史の先生に「千利休はどうやって死んだのか?」と尋ねると、「千利休は”どうやって”でなく、”なぜ”死んだのかを考えなさい」と叱られます。
確かに、宇宙がなぜできたのかは、科学的にはあまり意味がないし、千利休の検視結果など歴史の上ではあまり意味がありません。
しかし、私たちは「宇宙がなぜ生まれたのか」を知りたくて、神様にそれを尋ねます。
千利休の正確な死因には意味が無くても、どのような方法で殺されたのかは重要な意味を持つかもしれません。

つまり、「理系と文系」とは、こうした物事の2面性を分類するための概念であり、何かが実現するときは、そこに必ずWhyとHowが存在するということです。
したがって、物事を漫然と説明するのでなく、常にWhyとHowの2面からの説明を試みることで、明快な説明が可能になると思います。

そこで、この講義では、「疑問を示す言葉:What」に対し、「答えを探す探すための疑問:WhyとHow」についてじっくり考えます。

今後は、あなたの「やりたいこと」を「ビジネス」と呼ぶことにし、特にWhyとHowを抜き出して、「答えの作り方」について説明したいと思います。

課題:あなたのビジネスを次の3項目で書いてください。

  1. ビジネスのタイトル(15文字以内)
  2. ビジネスの目的(45文字以内)
  3. ビジネスの方法(45文字以内)

コメントを残す