2016-09-11-13-26-32

(日)09/11 休業日

今日は昼までにメルマガを発行し、午後から三茶のキャロットタワーで行われた「世田谷らしい空き家等地域貢献活用モデル&フォーラム」の公開審査会に参加した。僕の応援する「ふくふくの家」はトップバッタのプレゼンということで、主催者のNさんと子育て事業者のHさんは緊張の面持ちだったが、本番ではパワーさく裂、持ち時間を1秒も残さず、圧巻の機関銃トークで審査員を圧倒した。途中退席したが、審査員の評価も高く満票での合格だったとか。とりあえずホッとしたかな。

そそくさと帰宅したのは、カミさんとのデートのため。話題の映画「君の名は。」は、南町田のシネコンでは珍しい大入り満席で、久しぶりに観客席の熱気を感じながら映画を見た。それにしても、ポストジブリと言うか、アニメの出来栄えは素晴らしい。ピクサーのファインディングドリーにも負けない快作じゃないだろうか。

(月)09/12 □作業日

朝から自宅に立てこもり、「オンラインまつむら塾」のコンテンツの製作と、配信会社(Synapse)担当のTさんとのやり取りを繰り返し、夜にはリリースにこぎつけた。これで僕のweb発信はオープンなブログやFacebookを集約する「メルマガ」と、クローズなセミナーやワークショップを集約する「オンライン塾」に整理できた。

夜は中目黒で、Wさんのお誘いにHさんも加わって3人で会食。山梨移住を画策するWさんから「限界集落での暴れ方」を尋ねられ、アドバイスするうちに松村節がちょっと炸裂。久しぶりのブラックギネスを美味しくいただいた。まちづくりに取り組むHさんは、僕との面談に備え日中わざわざ笑恵館を下見してくださったとのこと、感謝。

(火)09/13 □午後から、笑恵館にいます

朝から土砂降りなので、ウジウジしてたら笑恵館から「お客様が待ってます」との連絡が。やべ、慌ててカブに乗り出勤。公益社団法人 全日本不動産協会の皆様が笑恵館の視察に見えた。笑恵館の経緯や現状を説明するうちに、話は空き家問題→世帯数問題→家族崩壊・・・と展開し、ランドリソースガイドブック(小冊子)を12冊ほど買っていただいた。今後、何かお誘いがあるとうれしいな。

火曜日の午後は会議の日、すべての会議は公開しているので、興味のある人はいつでものぞきに来て欲しい。OBKの打合せ:おおがいさんちのスケジュールと会計報告。日本土地資源協会の月次経営会議:会計報告と事業進捗報告。笑恵館クラブの運営会議:地震保険加入、運営状況報告、新規入居希望者や今後のアパート経営について。夜はおとなしく帰宅。

 

(水)09/14 □作業日

水曜日は移動可能な作業日だが、今日はアポを入れず自宅にこもる。ため込んだ企画作業をやっつける。

名栗の森オーナーシップクラブ「9月の例会」:午前の例会では、いよいよ10月の発足に向け会則と収支計画の案を提示して、発起人を募りたい。午後の活動では、まだ行ったことに無い沢周辺の探索調査と、前回踏破した尾根周辺の観察も継続したい。9月例会のFBイベントを作成し、例会で配布する「ガイドブック(案)」を作成した。

おおがいさんちの新企画「マップカフェ」:ご近所を巻き込んで「個人情報満載のご近所マップ」を作るのが目的だ。全7回の活動を網羅した活動案内チラシを作成し、おおがいさんちに掲示するとともに次回のFBイベントを作成した。

 

(木)09/15 □終日笑恵館にいます

木曜日は朝から笑恵館勤務の日。今日は、レンタルシェルフ(壁面の棚を販売・展示用にレンタル)の利用者主催の第3回笑恵館マルシェ「コスモスCAFE」を開催する。今回は、輸入紅茶、手作りアクセサリー、タンスの肥やし(着物)、手作り小物などを扱う方たちが出展し、事前告知や当日の設営なども自主的に運営が行われた。残念ながら平日の笑恵館に集客するのは難しかったが、終了後は次回開催に向けて、様々な提案が飛び出した。地域社会をビジネスで面白くするために、こうしたサポートは続けていきたい。

第3木曜の夜は「LRオーナーズクラブ」の例会で、今回は4人が参加した。このクラブの目的は、土地所有者が土地を売買や賃貸で「換金」するのでなく、自分の願いを叶えるために活かすこと。もしも、「願いがはっきりしないので、とりあえずお金を稼ぎたい」というならば、先送りせず、今、自分の願いを考えるべきだと僕は思う。土地活用は起業と同じ、「まつむら塾」が扱う課題だ。

 

(金)09/16 □午後から、笑恵館で面談可能

今日の午前はSさんに頼まれて下北沢の大吉ハウスへ。新規事業を模索するS社のO氏が、大学生インターンのNさんを連れてやってきた。僕も大吉ハウスは初めてなので、用心棒役でお邪魔した。1時間ほどSさんの話を聞いたところで、僕は中座のため少しさえぎって、「Sさんの話は、ホームシェアという取り組みが日本ではなかなか定着できない愚痴のようにも聞こえるが、Sさんが現場で出会う出来事や、そこで感じることそのものが、社会の最先端であって、評判、ビジネス、法律などは、ずっと後からついてくるものだと思う」とコメントした。現実社会と隔絶された企業の中で、社会と関わる事業を模索するなら、こうした観点は必要だ。

第4金曜日の夜は「解決しゃべり会」、今夜は10名が集まった。来月は主催者のKさんがミャンマー滞在中なので、ミャンマーとスカイプでつなぐ飲み会をやってみようと思う。

 

(土)09/17休業日

週に1日は休業日・・・といいながら、今日も朝からまつむら塾で頭は一杯だ。朝一番で予約していた眼科の検診に行ったが、急いで帰宅して机に向かった。オンライン塾のコンテンツを書き進めたいのはやまやまだが、解説を加えたいことがありすぎる。参加者たちとの個別のやり取りは公開したくないが、僕の考え方については、広く発信していきたい。そこでまず、ブログに「まつむら塾」のカテゴリーを設け、誰にでも届けたいレポートを投稿することにした。メルマガ、Facebook、オンライン塾、webサイト・ブログ、そして、まつむら文庫の実現に向け、自身の出力を加速しつつ、起業支援活動・公益事業・収益事業の3輪車をこれからも楽しく漕いでいきたいと思う。