日本の民主主義

昨日、衆議院議員のOさんと話して、つくづく感じたけど、日本の民主主義って、議論らしいことやってるのは連立政権の中だけ。残りの民主とか維新とか、あれとかこれとかは、みんな蚊帳の外。議論しても政権と官僚は全部「暖簾に腕押し」。だから「いっそみんな連立の中に入って、その中で議論すれば?」と言っちゃった。 そして、国民はさらに場外にいて、選挙しても全く無駄。何も言わない人たちが、連立政権を支えているから、こちらもいくら騒いでも無駄かも。 社会は地方が担うことにして、国は自分で作るしかないな、こりゃ。

さらに言えば

蚊帳の中の民主主義は一人のリーダーに罪を擦り付ける輩の集合体に見える。
そして連立与党は日本経済を支える物言わぬ人たち、何事にも反対しない人たちに支えられている。
このごろ官僚と閣僚の区別がつかない、彼らはYES・NOを言わない。
独裁って、こうして生まれてくるのか。
今のA首相は、破綻しつつある官僚機構の闇の救世主=ダースベイダーなのかもしれない。