5.まつむら塾

頭の中と外(2つの映画)

最近見た2つの映画を、勝手に対比して面白がっている。一つはディズニー・ピクサーのアニメ【インサイドヘッド】。11歳の少女の頭の中には[ヨロコビ]、[イカリ]、[ムカムカ]、[ビビリ]そして[カナシミ]の5人がいて、少女を幸せにすべく日々奮闘しているという話。リーダーの[ヨロコビ]がいつも問題を起こす[カナシミ]と脳内世界を探検するのだが(ネタバレだからこれくらい)、この役割分担がとても面白い。そして、周囲の大人や友達、そして犬や猫の脳内にも同様の5人がいるのだが、人によってリーダーが違っていて、夫婦喧嘩中の葛藤など本当に笑えた。自分の感情を5つに分けて考えることは、味覚を[あまい]、[からい]、[しょっぱい]、[すっぱい]そして[にがい]に分けるのとよく似ている。豊かさは、多様性の賜物だとつくづく思う。

一方で、SF大作【ダイバージェント】は現代文明破たん後に生き延びたシカゴでの物語。成人するときに判別テストで[無欲]、[平和]、[高潔]、[博学]、[勇敢]の5つに分類され、社会はそれぞれの共同体に分かれて一見完璧な秩序が保たれている。ダイバージェントとは、すべての資質を併せ持つ者で異端者と呼ばれる。やがて5つの分類に適応できなかった[無派閥]と連携し、現体制に立ち向かうこととなる。社会の対立軸を意図的に分離し、それらのバランスを取ることで平和を実現するというユートピアの一種が、脳内の感情たちがバランスを保とうとする姿とよく似ていることが、この2つの映画を対比することで見えてくる。僕たちは、頭の中だろうが外だろうが、「多様なこと」を「同じ要素の組み合わせの違い」で理解しようとすることがよくわかる。そこで重要なのは、それはどんな要素でできているかを知ること。善や悪でさえ、どんな要素でできているかを知る必要があると思う。そして、脳内のように、その要素の組み合わせで課題に立ち向かうのか、脳外の社会のように新たな統合者や分類外の落ちこぼれ(実は僕たち自身)が新たな答えを提示するのか、2つの映画をつないで考えること自体が、今の僕の意見を具体化する行為なのかもしれない。