ビジネスにおいて[何かを売ること]はとても大事なこと。ほとんどのビジネスは[いかにして売るか]の戦いと言っても過言ではない。[売る]とは[買ってもらうこと]、そのための努力を[営業]と呼ぶわけだ。僕たち人間は、相手に何かをして欲しい時、「自分が相手の立場だったらどうするか」を考えるようにできている。だから[買ってもらう]ためには、相手の立場になってその逆・・・つまりどういう時に[買ってあげたい]と思うかを考える。僕が[買ってあげたい]と思うのは、相手が僕を[買ってくれた]時・・・その時僕は「買ってくれたお礼に買ってあげたい」と感じるのだと思う。

このことを[報いる(むくいる)]という。[報酬]とは、報に[酬いる(むくいる)]を加えた言葉、[情報]とは、相手の情(なさけ)に報いることだ。人がお金を払う時、それは商品の品質や性能に対して払っていると思いがちだが、それは違うと僕は思う。必要なものを買う時に同じ買うならより良いものを安く買いたいと思うだけで、それ自体が買いたい動機ではない。人が何かを買いたいと思うわけは、それが無いと困るからであり、困る理由の中に[買ってもらえなくなること]が含まれている。ビジネスの重要性はまさにここにある。誰もが売る側と買う側の双方になることで初めて[互いが報いる関係]が構築される。

だとすると、今の社会はどうだろう。多くの人が売ることをせず、[買うだけの人=消費者]になっている。[売ることをしない人]は、[買ってもらう]必要が無いので、[買ってあげる]ことと無縁となり、[誰から買うか]に意味がなくなる。たとえ働いてお金を稼いだとしても、[誰かに買ってもらう]ことをせずに会社から給料をもらう人も[売っていない]という意味で[買うだけの人]と言える。こうしてほとんどの人が[消費者]になったなら、きっと安くて便利な[通販]の比重が高まり、やがて小売りというビジネスは絶滅するだろう。

それでも世界が成立するのなら、それもいいかも知れない。だがそうなると、一部の売り手が大部分の人に物を売り、多くの人がその配分で生きていく・・・そんな経済って成り立つのだろうか。すべての分野で最も性能の良い企業だけが生き残り、その製品を世界中の人が買うことが理想の世界なのだろうか。答えはNO、そんな世界はご免こうむる。僕が目指すのはまるでその逆の世界、つまり、誰もが売り手と買い手の双方となって、互いが相手に報いることで経済が成立する。一部のビジネスは効率を高め、グローバル企業になるだろうが、他の大多数は小さくても独自に自立したビジネスで、金銭+αで助け合いながら生きていく社会を目指したい。

社会保障だ年金だと、他力にすがる人々の悲しい議論が、今日もテレビで繰り広げられていた。「安心して老後を送るには、30年暮らすにはいくら必要か?」などと言うバカげたことを、人は本気で考えているのだろうか。この30年を振り返り、今後の30年をどう考えているのか。この泥沼から抜け出すためには、[消費者]をやめ[売ること]を始めることだ。そのお金で生活するとか、誰かを養うとか、そんなことは先のこと。まずは100円でいいから[買ってもらう商品]を考えて、それを[買ってくれそうな人の商品]を[買ってあげること]から始めたらどうだろう。